債務整理と住宅ローン

債務整理をしたら住宅ローンは組めるのか?

借金返済のために債務整理を弁護士や司法書士に依頼するケースは多いと思います。
そして晴れて借金返済もでき、家を購入したいと思う時期も来ると思います。

 

その際、過去に債務整理をしたら住宅ローンを組めるのかはとても気になるのではないでしょうか。
今回、債務整理したら住宅ローンは組めるのかを説明したいと思います。

 

任意整理と住宅ローン

もしも多重債務に陥り借金を返済できなくなった場合、ほとんどの方が任意整理の手続きを選ぶのではないかと思います。
債務整理には任意整理、自己破産、個人再生があり、その中でも任意整理は記録としてのイメージが全く違う点に注目したいです。

 

任意整理の過払い請求により減額を行った場合、同じ金融事故の中でも貸し主である金融機関のダメージに違いがあるのは何となくわかると思います。
わかりやすい例えでは、任意整理で過払い金が発生し、借金残高が完済できた場合はブラックリストとして載ることはありません。

 

しかし結果的に任意整理も同じ金融事故ですから、信用情報にキズがつきブラックリストと呼ばれる状態になっています。
それはそうと思います。

 

お金を貸したのに過払い金請求をして減額を求められているのですから、金融業者からしてみたら溜まったもんじゃありません。
そのため任意整理後、同じ金融業者においては数年間は住宅ローンの審査を通過させることは難しいというデメリットはあります。

 

ですが、数年経過すると事故情報は消え、当然ブラックリストでは無くなるため、住宅ローンに申し込み審査を通過させることは可能になります。
それに比べ、個人再生や自己破産は法的手続きのために官報にも載ってしまいますので、債務整理後の数年間は住宅ローンの審査に通ることは非常に難しくなります。

 

債務整理後でも住宅ローンが通る裏ワザ

任意整理の場合、先にも記載した通りブラックリストとして載ることはありません。

 

そのため、債務整理した金融機関とは別グループの銀行で住宅ローンを申し込むようにすると良いようです。
任意整理した先の金融機関やそのグループが運営する金融機関であると、数年経過しても住宅ローンの審査が通らなくなる例は多く存在します。

 

そのため、任意整理後は貯金をする余力も出来ると思いますので、任意整理をした金融機関とは関連の無い銀行にて口座を開き、少しずつ貯蓄しておくことが重要になります。
ちなみに、大手の消費者金融から多重債務になって債務整理をした場合、貯蓄用の口座を開く際には地方銀行や農協などを利用するのが賢いと思います。

 

借金に苦しんでいる人は借金が膨らむ前に早めに解決をしてください。
また債務整理をすると人生において様々な場面で絡む場合がありますので、できるだけ借金はしないことが吉です。