債務整理と自己破産の違い

債務整理と自己破産の違いについて

債務整理とは借金を整理する方法の事を総称した呼び方です。
その中には任意整理、自己破産、個人再生といった方法が存在します。
つまり自己破産とは債務整理のひとつの手段ということです。
今回、債務整理の手段とも言える任意整理と自己破産の違いを明確とするためにそれぞれの説明をします。

 

任意整理と自己破産の大きな違い

債務整理の中でも一般的な物は任意整理と自己破産です。
ではどのような違いがあるのでしょうか。
大きく異なる点は、まず裁判所が絡むか絡まないかの違いではないかです。
自己破産は裁判所からの認可を貰わなくてはならいのですが、任意整理は裁判所は全く関与しません。
次に、支払い義務です。
任意整理は支払い義務は無くならず、借金の減額を目的とした手段となります。
言い換えれば苦しい生活を送っている方を救済するための手段です。
自己破産は支払い義務を免れる事ができますので、奥の手と言ったところです。
以下に任意整理と自己破産を簡単に説明します。

 

任意整理

司法書士や弁護士が債務者に代わって債権者と交渉します。
利息制限法で再計算した残高を3〜5年で分割返済とする手続きとなります。

 

任意整理は将来利息をカットした上での和解となりますので、返済をしていけば確実に借金が減っていきます。
またもしも長い期間、高金利で借り入れしてた場合は、この任意整理をすることで借金が全て無くなる可能性もあります。
これは過払い金と言われるものですので、現状況に応じて任意整理を選択した方が良いこともあります。

 

あなたの過払い金を無料で調べることができます。

 

>>債務整理の改善方法を無料診断します。

 

自己破産

破産とは、債務者が多額の借金により経済的に破綻してしまい、現資産では債務者に対して弁済することができなくなった場合に選択します。
その際、全ての財産を換価し、債権者にその債権額に弁済することを目的とした裁判上の手続きとなります。

 

破産の申し立ては債権者からもできますが、債務者が自ら申し立てる破産を自己破産といいます。
つまり、自己破産とは返済できないことを裁判所で認めてもらい借金を免除してもらう方法です。
その対価として必要最低限の財産以外は全て処分されてしまいますので、借金返済の最後の手段となります。

 

どちらの方法を選択しても、苦しい借金生活から抜けられることは間違えありません。
そのため、借金に苦しんでいる方は早めに弁護士または司法書士に相談をして下さい。
その際に、今の自分の立場等を考慮し専門家がどの方法が適切か判断してくれますので安心して下さい。

 

ここならあなたの借金がどれぐらい減額されるのか無料診断してもらえます。

 

>>無料診断はこちらから