債務整理費用を安く

法テラスで債務整理の支払い報酬を出来るだけ安く

弁護士や司法書士に依頼する債務整理時に掛かる費用は、正直に言ってとても高額です。
任意整理については1社辺り約2万円が相場ではないかと思います。

 

場合によっては、法律事務所により大幅に異なることがあります。
しかし、法テラスを利用すれば債務整理に掛かる支払い報酬をそれ程、気にする必要はなく安く利用できる可能性があります。
では、なぜ法テラスの法律扶助を利用すると安くなるのかを説明したいと思います。

 

法テラスの報酬金額

法テラスの民事法律扶助で立て替えられる報酬は一律の金額に定められています。
これでも一般的には高いと思う場合もありますが、個人で弁護士や司法書士に依頼するよりも、明らかに安く済む場合があります。

 

しかも借金をした金融業者が例えばヤミ金だった場合、ただでさえ消費者金融よりも面倒な仕事であるにも拘らず、固定の金額しか掛からないのです。
弁護士や司法書士の立場からしてみると当然、苦労した分だけ多く報酬を受け取りたいと思う気持ちは山々です。

 

しかも法テラスとの間で申請書や契約書のやり取り、中間報告書、終結報告書を作成する手間も増えるため、大変な仕事となります。
そのため、ほとんどの弁護士や司法書士は民事法律扶助の大変さは身にしみているのです。
それでも尚、法律扶助契約を結んでいる弁護士や司法書士が多いのは、借金問題を抱える人が増える現状もあり、どうにかしてこれを減らしていかなければいけないからです。

 

場合によっては

法テラスは利点ばかりではありません。
報酬ばかりを気にしていると、ひどいことになる可能性もありますので注意が必要です。

 

ここではデメリットについて紹介します。
例えば、法テラスで指定される弁護士も様々な方がおり、優しい人、厳しい人と弁護士の質にはどうしてもムラが出ます。

 

もしかしたら依頼者の気分を害することが起こる可能性も十分、考えられます。
さらに無料相談も数回実施することができますが、法テラス側に前回と同じ弁護士を指定することもできません。

 

そのため、相談する毎に違う弁護士となることがあります。
案件はしっかり引き継いでくれていることとは思いますが、依頼者からしてみると不安になるかと思います。

 

また先に記載したように弁護士側としてみれば、報酬が通常よりも少なくなってしまいますので、どうしてもモチベーションに影響が出ます。
当然、弁護士も人間ですからしょうがないといえば仕方のないことです。
つまり、人生の重要なポイントを運任せとしてるといっても過言ではないのです。

 

法テラスは支払い報酬面においては利点が大きいと思いますが、対人で考えると欠点があります。
しかし借金問題に苦しむ人は、それでも早く安定した生活を送りたいですから、早めに法テラスまたは弁護士事務所に相談をして下さい。