債務整理と生活保護者

法テラスで債務整理と生活保護者について

借金を抱えている方は様々な方がいます。
ある程度の収入が有る人、全く収入が無い人、中には生活保護を受けている人もいます。

 

その中、生活保護を受けている人は当然、最低限度の保護費のみしか支給がされておらず、借金返済に充てるお金もないと思います。
その際、法テラスで立て替えた弁護士・司法書士費用はどのようになるのでしょうか。
今回、こういったケースにおいた費用がどのようになるのかを説明します。

 

生活保護は借金があると・・・

生活保護は借金があると受給できないということはご存知でしょうか。
そのため、生活保護を受給するためにはまず、債務整理をする必要があります。

 

しかし当然のことではありますが、債務整理には費用が掛かります。
生活保護対象者は借金に充てる費用もないでしょうから、場合によっては法テラスに相談をする必要があります。

 

この法テラスとは費用を一時的に肩代わりしてくれる公的機関です。
必要最低限の審査はあるようですが、借金問題に苦しむ方の殆どの場合は問題なく受容ができるようです。

 

そしてもしも全てが完結した場合、毎月、費用を分割して返済して行くことになりますが、借金の返済に比べれば極小金額であることは間違えありません。
そのため、大きな借金を抱える前に早めに法テラスに相談をすることをお勧めします。

 

法テラスのほとんどの方が生活保護受給者

実は法テラスに相談に来る方のほとんどは、生活保護受給者利用の方のようです。
法テラスでは、事件が完結した後に生活保護か生活保護から抜け出しているかによって支払い義務が変わるということをご存知でしょうか。

 

この支払いは生活保護を受給している場合は原則として支払い義務が発生しますが、生活保護から抜け出ている場合は免除することができるようなのです。
なので極少数のずる賢い方は、支払い義務を免除するために生活保護を続け、これを盾に支払い免除通知を待つようです。

 

そして免除確定通知を受けたと同時に仕事を探し始めるようです。
但し、全てにおいて免除されない場合がありますので、詳しくは法テラスに相談をしてみて下さい。
こういった方がいるのも現状ですので、別の意味で問題が絶えないのも現実としてあります。

 

法テラスは借金問題を抱える人を救済する機関ですが、生活保護を盾に費用を支払わない人もいるようです。
この対策として、極端な話、法テラスのような機関がなくなってしまうことも考えられます。
しかし世の中には借金問題に苦しむ人はまだまだ多く存在しますので、こういった機関は残って欲しいものです。