債務整理とローン

債務整理をした場合、ローンは組めるのか?

債務整理をした後に無事借金も完済できたら、再びローンを組むことができるのか心配になるかと思います。
特に、若い人はこれから家を購入したり、車を購入したりとお金はいくらあっても足りないくらいです。
今回、債務整理したらローンを組めるのかを説明したいと思います。

 

ローンの仕組みを理解する

一般的にローンの申し込みがあるとその業者は信用情報機関に照会を行います。
実はここに過去の返済履歴や借り入れ履歴が掲載されています。

 

そして、この情報に現在の収入状況を考慮し審査が行われているのです。

 

当然ではありますが、債務整理の記録は審査をする上でとてもネック要因となっています。
またこの信用情報機関にはいくつか種類があり、それぞれ情報保持期間が定めれらています。

 

そのため、自己破産や自己再生の場合は7年から10年は記録として残ることが一般的です。
しかし、信用情報機関の情報はあくまでも参考レベルのものです。

 

実際にはローン会社や金融機関によっては自己破産や自己再生をしていたとしても、大体、5年くらいで新たなローンが組めることが多い傾向にあります。
但し、債務整理を行った金融業者からは、再び借り入れをすることは非常に難しいです。

 

任意整理でも

上記は自己破産や自己再生について記載しましたが、実は任意整理も同じようなことが発生します。
任意整理をした場合、同じ金融業者でローンを組む場合は5年の期間は必要なようです。

 

任意整理とは簡単に金融業者との和解の元、利息制限法の上限金利で再計算を行った後に借金を減額しその後、借金返済を続けるというものです。
任意整理をする最大メリットは裁判所を通さないため、後に行うであろう各種ローンを任意整理の対象から外し、現在の状況を維持できるということがあります。
しかし、ここで気をつけなくてはいけないのが、月々の返済は継続されるという点です。

 

同じ金融業者からローンを組むためには、決められた期間で完済にしなくてはいけません。
また、ローンを組むことができるのは完済してから5年というのが通常のようです。
ですが実際に任意整理をされた方の中には、任意整理を開始してから5年でローンが組めるようになった例もあります。

 

基本的には再度ローンは組めるようになるようですが、債務整理については現在の状況や未来の自分を考えた上で、弁護士の先生または司法書士の先生に相談をして下さい。
場合によっては、自己破産で進めた方が早い段階でローンを組めるいうケースもあります。