債務整理で問題解決

債務整理のメリット・デメリット

弁護士に借金問題の相談に訪れてくる人は、ほとんどの方が同じような症状に陥っている傾向にあります。
特に多重債務となり、収入の殆どを借金返済に充てているというパターンです。
この場合、その殆どが債務整理により解決することをご存知でしょうか。
借金には債務整理というキーワードは必要不可欠です。
今回、借金に苦しむ方のために債務整理について紹介を致します。

 

問題解決方法は

借金には債務整理は必要不可欠なのですが、まず3つの解決策があることを知ることが大切です。
それは、任意整理、自己破産、個人再生と呼ばれており、これらは全て、法律に基づいた合法的な問題解決方法です。

 

そのため、借金に苦しむ人は一人で悩まずに、早めに弁護士または司法書士に相談をして下さい。
場合によっては返済金額が減り、返済期間が短くなったり、負担が減る場合もあります。

 

任意整理のメリットとデメリット

任意整理は原則的に借金を返済する必要があり、弁護士や司法書士を選任する必要があります。
あくまでも金融業者との話し合いのもとで利息制限法に基づき、過去に払い過ぎた利息分を現在の借金に割り当て減額するものです。

 

依頼をすると、借金の取り立てが止まります。
メリットは、金融業者が違法とされる、いわゆるヤミ金からの借金についても解決することが可能です。
過払い金返還請求を行うことで、減額や利息が見直される可能性があります。
そして未払い、遅延、将来利息を支払わなくても問題ありません。

 

官報に掲載されないため、一般の方に知られることなく処理ができます。
デメリットは信用情報機関に載ってしまいますので、5年ほどはお借入やカードローンを組むことができなくなります。
いわゆるブラックリストと言われるものです。

 

自己破産のメリットとデメリット

借金を支払う義務を無くす方法で、裁判所への申し立てが必要となります。
この自己破産は客観的に支払いが困難だと判断出来る場合において誰でも手続きが可能です。

 

メリットは、借金が免除され、申立後に金融業者からの取り立てが止まります。
デメリットは信用情報機関に載ってしまいますので、10年ほどはお借入やクレジットカードの作成ができなくなります。

 

また家や車などの価値のある財産を持っている場合は処分される場合があります。
官報に掲載されますので一般の方に知られる可能性があります。

 

個人再生のメリットとデメリット

個人再生は原則的に借金を返済する必要があり、裁判所への申し立てが必要となります。
メリットは、借金が大幅に減額され、家や車などの価値のある財産を処分せずに手続きすることが可能です。

 

また金融業者からの取り立てが止まります。
デメリットは信用情報機関に載ってしまいますので、10年ほどはお借入やクレジットカードの作成ができなくなり、官報に掲載されますので一般の方に知られる可能性があります。
この個人再生は債務整理の中で一番手続きが複雑であるため、費用、手間、時間がとても掛かります。

 

このように債務整理にもメリット・デメリットがあります。
自分の現状況がどのようになっているかを考慮し、専門家に相談をすることをお勧めします。