法テラスでの債務整理費用

法テラスでの債務整理費用について

弁護士や司法書士に債務整理の依頼をすると、一体いくらかかるのか大変気になるところです。
基本的に債務整理をお考えの方は、お金も底を尽き、現在返済に行き詰ってしまった方がほとんどではないでしょうか。

 

しかし債務整理をするためには費用が掛かるのは現実的にしょうがないことです。
そのため、費用面を心配する余り債務整理手続きを躊躇してしまう方がいるのも現状です。

 

ですが、それではいつまで経っても借金問題の解決や生活面の再建はできません。
今回、そういった方のために民事法律扶助制度という公的な制度がありますので、債務整理をする際に要する費用や民事法律扶助制度についてのご説明いたします。

 

債務整理で発生する費用

そもそも債務整理費用には何があるかを具体的に説明します。
一般的には、弁護士や司法書士へ報酬として支払う着手金と報酬金、その他に破産、民事再生手続きの際に発生する裁判所に収める予納金があります。

 

予納金については官報掲載費用、破産の場合の破産管財人への報酬や民事再生における再生委員への報酬等があります。
またその他に切手や印紙代、通信費等の実費もあります。

 

債務を整理する手続きには主に任意整理、自己破産,個人再生といった手続きがあり、各々の手続きにより費用面も大きく異なります。
更に弁護士や司法書士へ支払う報酬は、特に規定の金額が無いため、法律事務所により異なります。

 

民事法律扶助制度について

民事法律扶助制度は、債務整理においてどの手続きを選択した場合でも、弁護士や司法書士への報酬を支払う金銭的余裕がない方に対して利用できる制度です。
この制度は、総合法律支援法に基づき設立された日本司法支援センターと言われる通称、法テラスが行う公的な制度となります。

 

これを利用して弁護士や司法書士にかかる高額な費用を立て替えてもらうことができるのです。
従って、法律扶助を利用すれば、手持ちにお金がなくても債務整理手続きができるのです。
しかも、民事法律扶助を利用した場合、弁護士や司法書士への報酬額は所定の金額となっていますので、個人で法律事務所に訪れるよりも大幅に安くなる可能性があります。

 

民事法律扶助制度を利用するには、収入と資産において一定の基準が定められています。
債務整理をお考えの方はほとんどのケースにおいて基準を満たしていると思われますので、安心して利用できると考えてよいです。
そのため一刻も早く、債務整理を行うことをお勧めします。

 

法テラス 債務整理 費用法律事務所 無料相談はこちら