債務整理とクレジットカード

.債務整理を行った場合クレジットカードは作成出来るか?

借金返済のために債務整理を行うことは良くあります。
そしてその後、何らかの要因でクレジットカードを作る場面になり、カード作成できるのかなと不安になることもあると思います。
実際に、クレジットカードは作成できないものでしょうか。

 

今回、債務整理を行った場合にクレジットカードは作成できるかを調べてみたいと思います。

 

債務整理を行った場合クレジットカードは作成できるか

ずばり、債務整理一つの方法である任意整理を行った場合、クレジットカードを作ることは比較的容易に作成可能です。
この債務整理の方法は、裁判所を通さずに借金問題を解決できるので官報にも掲載されません。

 

但し、債務整理の手続きをすると信用情報に記録が残ることになります。
それは、任意整理であっても例外とはなりません。

 

では、信用情報の記録が消えるまでの期間はどれくらいなのかというと、大体7年間と言われています。
つまり、その期間中は新規でクレジットカードを作ることは難しいといえます。

 

債務整理を実施した業者がキーポイント

多重債務者が債務整理を行った場合、債務整理を行った先のクレジットカード会社や消費者金融会社で新しくクレジットカードを作ることは非常に難しいです。
これはクレジットカード会社側としては、債務整理によって自社に不利益を与えた人に対して、再度カード発行などはしてくれないと言い換えればわかり易いかと思います。

 

一般的な考え方で、自社のデータベースに要注意人物として登録されているのではないでしょうか。
これは、任意整理の一環である過払い金請求を行った場合も同様と考えます。

 

しかし、債務整理を行った業者とは別の業者ならクレジットカードの審査に通過する可能性はあります。
債務整理の中の自己破産、個人再生については官報に掲載されてしまいますので、数年間は他社においてもクレジットカードの審査で落とされてしまう可能性はあります。

 

しかし、任意整理の場合は官報に掲載されませんので、カード会社からしてみるとクレジットカードを持ったことが無い人と見なされるようです。
実際の審査基準はわかりませんが、例として債務整理を実施したクレジットカード会社では審査は通りませんでしたが、その他の会社では審査が通った例は良く聞く話です。
また一般的には、クレジットカードの審査難易度として銀行系が一番厳しく、次に信販系、流通系、消費者金融系の順となっています。

 

過去にブラックリストに載ったことがある人でも諦めずにカード作成を試みて欲しく思います。
おススメはまずは消費者金融系カードで信用情報にクレジットカードの利用実績を残し、実績を積んでから次のカードにチャレンジすると良いのではないでしょうか。
ですが使いすぎはいけませんので注意して下さい。