債務整理の費用

債務整理にかかる費用について

借金問題に苦しむ人は債務整理を第一に考えますが、この際、弁護士は敷居が高い印象があるようです。
この大きな理由として弁護士費用についての理解が無いためと考えられます。

 

そのため、誰にも相談ができずにひとりで悩み、なにも策を打てないまま借金が膨らみ、多重債務となってしまいます。
今回、弁護士事務所の費用面について調べましたので参考にお願いします。

 

弁護士費用は依頼内容に応じて明確に

債務整理の作業は、金融業者とのやり取り、債務額の調査、過払い金の返還交渉・訴訟手続、裁判所提出書類の作成、裁判所等への同行、和解交渉、合意書の作成などさまざまな手続が必要となります。

 

そのため、弁護士がすべての手続を担当すると、当然、弁護士費用は高額になります。
しかし、現在の法律事務所はこのような債務整理の各手続を分業化し、司法書士、事務職員が連携して業務を処理できる体制を構築しています。

 

そのため、弁護士費用を依頼内容に応じて明確に設定できることが可能となっています。
ですので、無料相談という形で内容をヒヤリングすると、債務整理に掛かる費用が事前に見積れるようになっています。

 

以前までは、多重債務に至った事情や所有している財産等の状況が異なれば、これに合わせた手続きが発生していたため、必要となる弁護士費用を事前に明確にすることが困難でした。
そのため、新たな手続が発生した場合に追加費用が発生していたというのが現状です。
しかし、債務整理の各手続を効率化する効果により可能な限り処理方法を定型化、分析することにより、弁護士費用を一律に設定することが可能となったのです。

 

費用のお支払方法

次に気になるのが費用の支払い方法と思います。
借金問題に苦しむ人にとって、月々の返済は大変なことと思います。

 

そのため弁護士事務所のほとんどは基本的には分割で支払うことが可能となっています。
通常は、6ヶ月以内に費用のお支払いを終えていただく場合が多いようですが、事務所により柔軟に対応していますので、返済方法については相談をした方が良いです

 

また任意整理の手続きについては、和解が成立すると、債権者に対して返済が開始されます。
この債権者に対しての返済と、事務所に対する費用のお支払いの時期が重なることのないように配慮もしてくれるようです。

 

このように弁護士事務所が身近になれば、借金に苦しむ人も足を運びやすくなるため、少なくなるのではないでしょうか。
こういった弁護士側が歩み寄った施策はとても好感に感じます。

 

法テラス 債務整理 費用法律事務所 無料相談はこちら